医療法人今麓会 アイクリニックイシハラ 平塚市宮の前,平塚駅 眼科

 

白内障とは

白内障とは眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。

最近ではテレビやインターネットで白内障に関する記事が数多く取り上げられるようになり、白内障の手術に関心を持つ方が増えています。
ですが実際のところ白内障手術後の見え方について不満を感じる患者様は少なくありません。
白内障手術後の見え方は眼内レンズの種類、度数によって大きく左右されるため、患者様に適した眼内レンズの選択が必要不可欠です。

眼内レンズとは白内障手術時に取り出した水晶体の代わりとなる人工の水晶体であり、焦点が1つである単焦点レンズ、2つの距離に焦点が合う多焦点レンズ(2焦点レンズ)があります。

また当院では近方・中間・遠方のすべての距離に焦点が合う多焦点レンズ(3焦点レンズ)も採用しています。

当院では手術前検査を3回行います。3回検査を行う事で患者様のデータをより細かく分析し、患者様にとって最適な眼内レンズを提案することが可能です。

検査機器、手術機器、滅菌機器他

 

    NIDEK RS-3000 Advance             Zeiss IOLMaster 700 

       光干渉断層計          光学式生体計測装置

       NIDEK Fortas CV-30000        NIDEK CV-24000

             白内障/硝子体手術装置                            白内障手術装置

       

 

     LEICA F19                            DORC Ultra Speed Transformer

  手術用顕微鏡             硝子体手術装置

 

            

日科ミクロン オゾンドクター                     RENO-S20

高濃度オゾン水生成装置         低温プラズマ滅菌システム